外資系企業で働きたい!何から始めたらいい?

英語力は必須条件になる

グローバル化が当たり前になっている昨今、外資系の企業に採用されるためには、一体どのような準備をすれば良いのでしょうか。
まずは語学力です。会社の中には様々な国の人がひしめきあっていますし、海外からの電話やメールもひっきりなしにやってくるでしょう。その際に一定以上の語学力がなければ、基本的な仕事をすることも出来ません。ですので、外資系の企業の入社試験には英語が課されていることが多いのです。
また、最近では英語だけでなく、中国語やフランス語やドイツ語といったような語学力が求められることもあります。自分が入りたいと思っている外資系の企業が、新入社員に何を求めてるのかを調査してから学習すると良いかもしれませんね。

人との対話力も磨くべき

また、日本時は現在でもまだディベートが苦手な国民として有名です。しかし、外資系の企業で働くことになりますと、会議の場でディベートをしたり、強力なプレゼンをすることが求められます。ですので、人との対話力を磨いておくことが大切なのです。
多くの日本の企業のように、「何となく空気を読む」「仕事の場で言いにくいことは飲み会の席で伝える」という姿勢は美徳ではありませんので、きちんと相手の目を見て自分の意見を言える資質を身に着けておく必要があるのです。年齢や性別による優遇もありませんし、甘えも許されません。
ディベートのスキルをアップさせるための塾などもありますので、お試しで通ってみるのも一つの手と言えるでしょう。