どんな会社がある?失敗のない会社選びとは?

外資系の会社にはいろいろな会社がある

外資系に転職される場合に、自分の英語のスキルなどを活かして就職する方は多いですが、単に外資系と言っても様々な会社が存在し、その会社によって職種も社風も異なりますから、自分が働きたいと思えるような会社をまず選ぶことにしましょう。
外資系の場合は完全に実力主義であり、その人の学歴や所持資格などはあまり考慮されることはなく、むしろ今現在どのようなスキルを持っているのかを最重要視されます。転職活動の際には、前職でどのようなスキルをつかむことができて、今後外資系企業で働くにあたってどのように活かしていくことが出来るのかをアピール出来るようにしましょう。会社によっては面接でプレゼンやかなり長い時間をかけての自己紹介を行う場合もあります。

どんな職種があるのか

外資系企業には日本国内の企業と同じように様々な職種の企業が存在します。
大手投資銀行から各種金融機関に、化学系の企業や製造系の企業など、その企業の職種あるいは業種などで採用する人材も変わってきますから、自分がこれまでどのような企業で働いてきたのかを考えてベストな場所を見つけるようにしましょう。外資系の企業を探す場合には、国内向けの求人情報誌を見ていても見つかりませんので、外資系専門の情報誌あるいはサイトなどを見ましょう。外資系の企業ではホームページでも募集しているので、気になる企業があったら常にホームページをチェックするのも大事です。外資系企業に転職するためには英語力を求められることも多いので認定資格などが必要なこともあります。