英語での面接は必須!どう対策する?

あの手この手で勉強する

外資系は外国の会社なので、基本的に英語を話せないと仕事になりません。故に面接も英語になるのですが、英会話に不安を覚えているようでは採用を勝ち取ることは難しいです。むしろ英語を完璧にマスターしていて、何を話そうか迷っているという段階でないといけません。
ただ、今まで日本語で話してきた人にとって英語を完璧に操るのは簡単なことではありません。その為にするべきことは、やはり勉強しかありません。参考書を購入したり、教室に通ったり、海外留学するなど色々な方法があります。生きた英語を身に付けるには実際に外国の方と会話をした方が良いので、一人で机に向かうだけでは不十分です。英語に関しては隙が無いという状態にしないといけません。

専門的な単語や言い回しも大切

外資系に入社したら、社内だけでなく社外の方とも密に連絡を取り合うことになります。単なる連絡ではなく、ビジネスパートナーとして商談や契約に関する話まですることもあります。そこで、専門的な単語が分からなかったり、独特な表現の真相を把握できないなどすると厳しくなります。例えば、褒められているように思えても皮肉が込められているというような表現などがあり、言葉の意味をしっかりと理解できないと手玉に取られて終わりです。
外資系は成功している会社が進出しているので、非常に勢いがあり優秀な人間が揃っています。その中で活躍するには、英会話能力+アルファが必要であることを忘れてはなりません。英語を巧みに操り、面接官の心をキャッチする必要があります。

英語で履歴書を作るときには、なるべく相手方に伝わりやすいような単語や文法を織り交ぜることが成功のポイントです。