英語でのメールに慣れておこう!使えるフレーズいろいろ

英語メールの基本表現

グローバリゼーションにより、最近は企業が外国と取引をしたり、個人が外国の人や会社と英語で連絡を取ることも増えてきました。ここでは、英語でのメールで役立つ表現についてご紹介します。()内はご自身で変更可能です。
まず、してもらったことに対して感謝したい場合、Thank you for your (help).が大変使いやすい表現です。他にもI appreciate (your help). なども感謝の気持ちを表すのに適しています。
説明したことに対してフィードバックがほしい場合は、If you have any questions, please contact me/us.(ご質問がありましたら、ご連絡ください)も使える表現です。

色々な場面で役立つ英語メールの表現

他にも、自社のホームページからのリンクをお願いする場合、I'd like to make my homepage linked to yours.(御社のページにリンクしたいのですが)と書いたり、メールを転送したい場合、I forward a mail from (Mr.Tanaka) to you.(田中さんのメールを転送します)という表現も役に立ちます。
添付ファイルが開けない場合、I can't open the attached file.と表現すれば通じますし、注文した品物が届いていない場合、I've not received the product X yet.(Xがまだ届いていません)も使用頻度が高いと思われます。
メールの始まりはダイレクトに用件から始めて構いません。メールの終わりはビジネスであればSincerely,の後に行を変えてご自身の名前を書くのが最も許容されています。

英語で面接を受ける際には、発音や文法などを正しく理解するだけでなく、相手方とのコミュニケーションを重視することが大切です。