外資系転職で求められるキャリアとは?

英語能力は必須!面接でアピ-ルしよう

キャリアアップのために転職をすることがまったく珍しくない時代になりました。中でも給料アップを目指せる外資系企業は、英語に自信がある人なら一度は転職先として考えるのではないでしょうか。
外資系企業での1番わかりやすいアピ-ルといえば、英語力です。TOEICなどで高得点を獲得しておくと、有利に働くことが多いですが面接の際にいかに英語でわかりやすく自分をアピ-ルできるかということも重要なポイントです。外資系企業では従業員も国籍や年齢がバラバラの場合が多いので、共通語としての英語でうまく対応することができれば、コミュニケ-ション能力としてポジティブな評価がくだされるはずです。また、面接の際には常識範囲での質問等もすることで自分の意見をはっきり言えるという印象を残すことも大切なことです。

決め手は英語プラスもうひとつの何かです

しかし、いくら外資系企業といえども、英語ができればそれでいいという訳にはいきません。英語能力は必須ですが、それはコミュニケ-ションとしてのひとつのツ-ルに過ぎないので、「英語プラス何か」が必要になってきます。例えば外資系の金融会社を狙うのならば、金融に関する専門知識、保険会社ならば保険の専門知識といったものです。資格があるとなお有利になるでしょう。
外資系企業は確かに国内企業よりも給料、その他の面で条件がいいことが多いですが、その分一般企業のように、正社員にさえなればある程度守られるということはありません。使えないと思われたら減給や解雇ということもあり得ない話ではありません。そういった厳しい現実を踏まえても、自分の能力を試してみたいという人は、是非英語プラスアルファの何かを持って、外資系企業にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

外資系の求人を賢く選ぶために、将来的な海外転勤の可能性やキャリアアップの制度を総合的に判断することが大事です。